公務員系コース 2年制公務員大卒・上級コース

超難関の上級公務員試験合格を目指し、法律、政治、経済の専門科目を重点的に学ぶ

  • 上級公務員試験を目指し1 年次より法律や経済の専門科目を徹底的に学ぶ
  • 少人数制クラスにより一人ひとりの理解度を確認しながらの指導
  • 入学後にスタートアップ期間を設け、自分の適正と目標を見直すことができる

※高卒の方も入学できます。

目標試験

国家公務員一般職・専門職(大卒程度)

地方公務員上級・中級

警察官・消防官(大卒程度)

裁判所職員一般職(大卒程度)

東京特別区職員Ⅰ類 など

将来の進路

文部科学省、外務省などの国の行政機関職員

都庁、県庁、市・区役所などの地方自治体職員

裁判所事務官、国立大学職員

警察官・消防官

大学編入 など

学びのプログラム

スタートアップ期間で自分の適性を見つめ直し、目標を決めたらゴールまで一直線!

スタートアップ期間

スタートアップ期間(4、5月)終了後に、公務員系3コースを選び直すことができます。期間中の授業を通じて自分の適性と目標をもう一度見直し、最終的にコースを決めてください。

法律や経済の専門科目も1年次からしっかり学習

スケジュール 

スケジュール

※上記スケジュールに各期休みは含まれていません。 ※カリキュラムは年度によって変更になることがあります。

1年次時間割例

 
  ショートホームルーム
1 文章理解 数的推理 文章理解 経済学・財政学 論作文演習
2 自然科学(数学) 政治 人文科学 判断推理 行政学
3 判断推理 経済 人文科学 政治学 自然科学(理科)
4 民法 経済学・財政学 憲法 答案練習 民法
就職対策 総合   答案練習  

ショートホームルーム 9:10- 9:20
1限目 9:20-10:50 2限目 11:00-12:30 3限目 13:20-14:50 4限目 15:00-16:30 5限目 16:40-17:25
※時間割は時期により異なります。

この授業に注目

民法

効率よく知識を整理し理解を深める

量が多く、煩雑なことから最大の難関科目とされる民法。有機的に全体を把握するためのマップを提示し、身近な例を用いてわかり やすく解説します。効率よく知識を整理しながら理解を深められるように授業を進めていきます。

政治学・行政学

広く浅く吸収しつつ正確な理解に努める

現行の日本の行政の仕組み、社会で起きている出来事に関心を向けるよう促し、抽象的で難解な理論や用語・概念を克服できるよう導きます。広く浅く、しかし正確に知識を吸収しながら、合格点を取るための力を養います。

行政法

過去問を中心に徹底的に繰り返す

公務員試験で出題される行政法の問題のほとんどは、過去に出題された問題に類似しています。過去問を中心に、法解釈、判例を理解し、演習を徹底して繰り返すことで、機械的に解答を導き出せるまでレベルアップしていきます。

経済学・財政学

実践重視の学習法で得点力を大幅にUP

ある程度の基礎を学んでポイントを押さえたら、とりあえず問題を解いてみます。繰り返し解法パターンを覚えながら、理論を肉付けして応用力を身につけ、公務員試験対策ならではの効率的な学習方法で得点力を高めます。