法律資格系コース 2年制司法書士・行政書士・宅建士コース

司法書士、行政書士を目標に駿台方式で難関突破

  • まずは宅建士合格を目標に、「法律学の基礎」をイチから最短で学ぶ
  • 資格試験に目標を置いたカリキュラムで学び、確実に難関資格に合格
  • 指導が行きわたる少人数制、初めて法律を学ぶ人も着実に実力アップ

目標試験

司法書士

行政書士

宅地建物取引士

マンション管理士

管理業務主任者 など

将来の進路

司法書士事務所(就職・開業)

行政書士事務所(就職・開業) 

不動産関連会社

大学編入 など

学びのポイント

最初の目標は宅建士合格。1 年次に三冠をめざし2 年次は司法書士、行政書士に挑戦

スタートアップ期間

複数の法律資格をねらえる系統だったカリキュラム

スケジュール 

スケジュール

※上記スケジュールに各期休みは含まれていません。 ※カリキュラムは年度によって変更になることがあります。

1年次時間割例(司法書士コース/1 年次)

 
  ショートホームルーム
1 民法演習 不動産登記法 商業登記法 民法演習 供託法
2 民法演習 不動産登記法 商業登記法 民事訴訟法 憲法
3 答案練習 不動産登記法 商業登記法 民事訴訟法 民法演習
4 答案練習 刑法 商法 商法 資格試験総合対策

ショートホームルーム 9:10- 9:20
1限目 9:20-10:50 2限目 11:00-12:30 3限目 13:20-14:50 4限目 15:00-16:30
※時間割は時期により異なります。

この授業に注目

商法

ポイントはしっかり条文を読むこと

試験では条文を中心とした知識が多く問われるため、条文を読み解くことに重点を置きながら、合格に必要な知識を習得していきます。商法の条文は長いので読むのが大変ですが、しっかりと読むことが理解の鍵となります。

商業登記法

基本事項を正確かつスピーディーに解答

商法の学びと連動させて実力アップを図れる科目ですが、商業登記法独自の分野からの出題もあるため、高得点を望むには詳細な範囲まで学習することが必須。得点すべきところを確実にすることに重点を置いて授業を行います。

不動産登記法

民法と関連付けながら法的思考能力を養成

司法書士実務で一番大きな柱となるこの科目は、当然、試験でも重要。民法の理解なしで問題を解くことはできないため、基本的な学力知識はもちろん、民法と関連付けて応用力を十分に鍛え、法的思考能力を養成します。

行政法

出題の多い分野を鍛え高得点獲得をめざす

行政書士試験では高得点獲得が合格の必要条件とされる科目。授業では、出題の多くを占める分野である、国・県市町村などの行政主体が行う行政作用に関する「法理論」について、その概念、骨格、概要を中心に学習します。