Successfull Story民間就職 合格者からのメッセージ

駿台の先生方の熱心な教育や切磋琢磨した仲間のおかげで自分を活かすことができる仕事を見つけることができました。

高校までの勉強に法律はなかったので、「ゼロから学び、信頼に値する資格を取りたい」という強い決意を持って勉強していました。先生の中には、ほぼ教科書を使わずに、様々な判例や条文の紹介をしながら授業を進めてくれる方がいらっしゃり、ユニークなトークと共にスルスルと頭に入るので本当に楽しい授業でした。1年次に管理業務主任者を取得し、その専門性を活かそうと現在の会社に内定しましたが、「さらなる高みを目指したい」と合格率が例年10弱〜15%と難関である行政書士の資格に挑戦。2年次に見事合格することができたのは自分の財産です。資格所有者である先生にじっくりと質問をできる駿台の環境のおかげだったと感謝しています。今後はマンション居住者の方が快適な生活を送ることができるよう、さらなるスキルアップを目指し、マンション管理士の資格も視野に入れ切磋琢磨していきます。

学びやすい環境が整っているのがこの学校の大きな特長です

私は幼いころから鉄道会社に入ることが夢でした。高校の先輩がこの学校から鉄道会社に入ったと聞き、この学校を選びました。
授業では基礎的なことから応用まで幅広い知識を身に付けることができました。少人数制ということもあり、分からないところも質問しやすく、先生との距離がとても近いことが特長の一つだと思います。
資格取得のための勉強ができることも大きな魅力です。入社後は東京オリンピックも近いこともあり、様々な国の人たちのためにしかっりとした対応ができるように語学の勉強もしたいと思います。

楽しみながら集中して学び、知識を習得 今後も勉強を続け、次のステップへ!

民法、憲法、刑法、会社法など六法を中心に、法律を基礎から学ぶ授業はとても楽しく、資格試験の授業では経験豊富な先生方の指導で、重要な箇所をきっちり学べてありがたかったです。おかげでかなりの量の法律知識が身につきました。もっと学びたい気持ちはありましたが、社会で実際に身近な問題に触れることで、知識が役立つこともあるだろうと考え、就職の道を選びました。さらに勉強を続け、就職先で自分の知識を増やしていくことが次のステップと考えています。

授業で学んだ知識を実践できる希望の会社に就職できました

中学のときから販売に興味があったことと、パソコンやゲームという自分の得意分野を生かせると考え、就職先には家電量販店を希望しました。経営ビジネスコースでは、一般的な文章理解や数学、経済学などを学び、幅広い知識が身につきました。そして、販売士の授業を通して、商品の仕入れには時代背景やニーズの流れを読むことが大切だと学びました。それを実践できるヨドバシカメラに就職でき、「やりたいことを見つけ、希望の会社に就職する」という夢が叶いました。

地元に近い福岡で、資格を活かし父と同じ不動産会社に就職。

高校を卒業して就職するにあたり、資格を取ろうと思い、駿台に入学しました。父が不動産業を営んでいた影響で私も同じ道を目指しました。授業は親切でわかりやすく、実力をつけることができ、宅地建物取引士の試験に合格することができました。合格のポイントは、とにかく過去問をたくさん解くことだと思います。地元に近い福岡の不動産会社に就職を決めることができ、父にも親孝行ができたのではないかと思います。

入念に準備をして臨み 第一志望に内定しました。

大手ゼネコンのグループ会社で、安定性と将来性があることに魅力を感じて志望しました。面接は1回勝負でかなり踏み込んだ質問もありましたが、川嶋先生にエントリーシートを納得いくまで添削していただき、面接練習も十分重ねて臨んだので、自然に受け答えをすることができました。何事もそうですが、準備を怠らないことが大切です。

法律の勉強で世の中を見る目が広がり、社会に出る自信が持てました。

駿台ではまったく初めてであった法律の勉強がしっかりでき、おかげで宅建士の資格を取ることができました。そしてさまざまなことに興味を持ち、いろいろな角度からものごとを考えられるようになりました。面接練習で、話し方や受け答えのアドバイスを受けたことが、希望の会社に入社できた要因です。人のお世話をすることにやりがいを感じる性格を活かし、物件管理だけでなく相続や資産運用など相談できる。そんな多くの人に頼ってもらえるフロントマンになりたいです。

クラスのチームワークのおかげで宅建に合格し、面接でもアピールできました。

自己PRや面接に不安を感じていましたが、面接練習で話し方や内容、態度について細かくアドバイスをしていただき、本番は緊張せず話せました。宅建士に1回で、しかも高得点で合格できたのは、クラスが同じ目標に向かい一丸となって取り組めたおかげです。このように仲間やチームワークの大切さを知った経験もアピールしましたが、この点も評価され、内定につながったのだと思います。

学ぶ楽しさを知りました。社会人になっても色々と勉強していきます。

法律を学んで就職に活かそうと駿台に入学しました。法律実務学科では、さまざまな法律を学ぶことができました。多くの問題を解く機会があり、先生が一問一問、解説もしてくださるのでとてもわかりやすく、楽しく学ぶことができました。就職後も駿台で培った学習への意欲を忘れることなく勉強を続け、お客様のお役に立てるようになりたいと思っています。

宅建士をはじめとした資格に挑戦して努力し続けたことが評価されました。

駿台で学んだ一番の収穫は、自分に対して自信を持てたことです。最初に挑戦した宅建士では50点満点中41点で合格することができ、その後もさらなる資格に挑戦するために努力し続けられました。採用面接でもこのことをアピールしたところ「すごいね」と言ってくださり、評価されました。この自信を胸に、入社後の企業研修でもしっかり学び、自分を成長させていきたいと思っています。

駿台で学ぶことで就職の方向性がはっきりしました。「就職ガイダンス」「面接練習」などで、自分の直すべきところを、指摘されたことがよかったです。漢検、宅建士などの資格を取得することで自信を持って面接に臨むことができました。社会に出たら、周りの人たちが喜んでくれるような仕事をして頑張っていきたいです。

就活はスタートが重要です。インターンシップに参加し、他の大学生から刺激を受けたり、企業の考えを聞くことが大切で、視野が広がります。1年次にビジネス資格を取っておくと、就活にもっと活かせると思います。

今まで全く知らなかった法律を駿台で学び、宅建士の資格も取れました。この会社に決めたのは、不動産系の中でも投資マンションの営業で働きたかったからです。入社後は営業成績で同期のNO.1、全社No.1になることが目標です。

不動産賃貸会社で経理事務を担当しています。契約更新業務と経理関係に加えてお客様への対応もあり、とても忙しい毎日です。でも、駿台で学んだ「頑張る気持ち」は忘れません。これからもその気持ちを仕事に活かしていきます。

面接対策として、質問への答えを用意し、実践練習を重ねることはもちろん大事ですが、面接は、その人の人柄や日頃の生活態度が表れるものだと思います。私は駿台に入学してから、早起きと継続して努力する習慣が身につきました。そのようにして2年間、真面白に生活してきたことが、面接官にも伝わったのではないかと思います。

面接練習では細かい点まで、チェックしていただくことができたので、本番は自信を持って話すことができました。個別面談も週1回あり、何でも親身に相談に乗ってもらえるので、悩みを抱え込まずに済みました。とても感謝しています。

関西大学を卒業後、駿台の法律実務学科で学んで宅建士の資格を取り、不動産関係の会社に就職できました。お客様に信頼していただけるフロントになることが目標です。今考えると、在学中に管業も取得しておけばよかったと思います。

面接では、仕事に直接関係はないですが、資格取得のために努力した姿勢が評価されました。まずは、物流マネージャーの仕事を早く覚えたいと思います。駿台で担任の先生に、社会人としての心得を教えていただいたことは、決して忘れません。

勉強の楽しさを知り、宅建士の資格が取れ、不動産会社の面接では「即戦力だね!」と言われ内定をいただくことができました。就職指導では、川嶋先生が「自分がなぜ賃貸をやりたいか」を一緒に考えてくださったのが大きな力になりました。10年後には経営を考える人材になりたいです。

自分の手で人々を守る仕事をしたいと思っていた私にとって、警備員として空港で働くことはとてもやりがいを感じます。お客様のために自分は何ができるのかを考え、精一杯力を尽くし、一流の仕事ができるように頑張ります。

「自分はJRに入る」と宣言していたので、合格した時は、親もとても喜んでくれました。合格の要因は、駿台で基礎学力をしっかり身につけたことに尽きます。お客様に「ありがとう」と声をかけてもらえるように頑張ります。

憧れの鉄道会社に決まり嬉しかったです。履歴書の書き方や自己PRのテクニック、すべての指導が役立ちました。就職後は、安全な鉄道の提供はもちろんですが、観光地も多いため、外国人とも話せるように頑張りたいです。